ヘッダーイメージ 本文へジャンプ
HOMEヌジュミとは回復のプログラム体 験 談専門家からの メッセージ書 籍セミナー・イベントの ご案内&広報メディアで紹介関連リンクご支援の願い

毎日新聞に掲載されました。

https://mainichi.jp/articles/20170516/k00/00m/040/058000cより

「ぬじゅみ」 女性のギャンブル依存症に向き合って10年

毎日新聞2017515 1943(最終更新 515 1945)

https://cdn.mainichi.jp/vol1/2017/05/16/20170516k0000m040059000p/6.jpg?1

スタッフらと談笑する田上啓子さん=横浜市で下桐実雅子撮影

横浜 当事者の回復と社会復帰を後押し、100人が利用

 全国で唯一の女性を対象にしたギャンブル依存症のデイケア施設「ぬじゅみ」(横浜市)が今年、設立10年を迎えた。当事者の回復と社会復帰を後押しし、これまでに約100人が利用した。統合型リゾート整備推進法(カジノ法)が昨年成立し、国内ではカジノ解禁の準備が進む。自身も依存症に苦しんだ施設長の田上啓子さん(68)は「やめ続けるのは簡単ではないが、苦しむ人に回復の道があることを伝えたい」と語る。

 沖縄の方言で「希望」を意味する「ぬじゅみ」は2007年に開設された。日中は仲間と経験や悩みを分かち合うミーティング、夜は近隣の自助グループの会合に参加するほか、皆で一緒に趣味の時間を過ごしたりする。適切な治療を受けながら社会人として再出発するための「中間施設」という位置付けだ。

 田上さんも25年前まで、パチンコや非合法のポーカーゲームなどがやめられない生活を送っていた。精神科病院への入退院を繰り返す中でアルコール依存症患者の支援施設につながり、自分と似た苦しみを持つ人がいると知って安心した。

 とはいえ、多くの男性の前で体験を語ることに、ためらいも感じた。その後、ギャンブルに特化した施設もできたが、受け入れは男性のみ。「女性が安心できる居場所を」との思いから、寄付金などで無料で通える施設をオープンさせた。

 現在登録しているのは15人。耐えられずに飛び出してしまう人がいても「帰ってきてくれればいい」と、また迎え入れる。通所する期間はまちまちだが、ギャンブルにとらわれずに過ごせるようになるまで1年以上はかかるという。

 8年前、家族に連れられてきた30代の女性は、自己破産してもギャンブルがやめられず、約2000万円をつぎこんでいた。「自助グループに通う定期券を買うのにも、施設長が付き添ってくれた。この場所がなかったら今の自分はない」。今は再婚し、子育てしながら施設の職員として働く。田上さんは「女性の場合、借金を重ねても周囲が世間体を気にして尻ぬぐいすることが多く、表面化しにくい」と指摘する。

 6月17日には設立10年を記念し、当事者や専門家らが講演するセミナーを横浜市内で開く予定で、参加者を募集している。問い合わせは、ぬじゅみ(045・744・6516)。【下桐実雅子】


--------------------------------------------


産経新聞に掲載されました!!




日本経済新聞に平成26年9月21日(日)紹介されました!



2011年(平成23年)11月21日(月)   
NHKあさイチ
でヌジュミが紹介されました

--------------------------------------------------

◇ギャンブル依存症 ある主婦の裁判から(Asahi.com 2010年5月27日より)

ギャンブル依存症ある主婦の裁判から下


  

ャンブル依存症の女性専用リハビリ施設「ヌジュミ」のミーティング風景=横浜市保土ケ谷区、
田上啓子さん撮影(個人が特定されないようぼかし加工しています)

-----------------------------------------------------------------------------------

 パチンコ中に長男を約3時間車内に放置して死亡させた保護責任者遺棄致死罪に問われ、裁判員裁判で実刑判決を受けたにかほ市の無職堀淳子被告(32)は公判で、自助グループでの再起を繰り返し訴えた。「自分の弱い部分をさらけ出し、当事者ならではの真実のアドバイスを聞きたい」

 米国生まれのGAは、国内でも各地で定期的にミーティングを開いている。記者は秋田市の会場を訪ねた。

 迎えてくれた仕切り役の会社員男性によると、GA秋田は2007年に始まり、これまで20~60代の男女約20人が参加したという。

 男性も10年ほど前まで、仕事が終わると「1年で365日」パチンコに通っていたギャンブル依存症だった。ちょうど管理職になった頃で、仕事のストレスを抱えていた。給料日に負けて帰ると、妻や子どものいる家に居づらく、再びパチンコ台に向かう。

 借金は数千万円にふくらんだ。「家族よりパチンコを優先していた。現実が苦しくて、たばこの煙と騒音が充満している台の前が唯一安らげる場所だった」

 GA秋田に参加して、依存症から抜け出せたのは3割程度。再び、ギャンブルにはまる人がほとんどだ。

 パチンコをやめて8年になる男性は、今も決してパチンコ店に近づかない。試しに打ってみて、はまってしまうのが怖いからだ。「ギャンブル依存症に特効薬はないし、完治はない。一生付き合っていく病気だ」
    ●   ●    

 横浜市保土ケ谷区のマンションの一室には主婦ら数人が集い、「回復プログラム」を指針にして悩みを打ち明けあっている。07年に全国で初めてできた女性専用のギャンブル依存症リハビリ施設「ヌジュミ」だ。

 20~70代の主婦ら十数人が1回1時間半のミーティングに参加する。介護や育児、性の問題など異性には話しにくい経験を女性同士で分かち合う場だ。代表の田上啓子さん(61)は「女性のギャンブル依存症は、家族が世間体を気にして表面化しにくい。裁判員裁判で取り上げられたことで注目が集まり、理解が深まれば」と期待を込める。

 田上さん自身、20年ほど前までギャンブル依存症だった。パチンコなどにのめり込み、つぎ込んだ額は2千万円を超える。その間、精神科病院に入院したこと4回。離婚は2回。自殺未遂を繰り返した。

 日本で発足したばかりのGAに通い、過去の自分に向き合った。幼いときにギャンブルに明け暮れていた父親の会社の倒産に家族が巻き込まれたこと。保育士になる夢をあきらめ、初めての夫との間には子どもができなかったこと――。次第に心が整理されていった。

 「ヌジュミ」を始めて気づいたことは多い。女性たちの大半は「家族機能の不全」であり、性的虐待を受けた者も少なくない。そして、誰かが自分を幸せにしてくれるという受け身の人生を送っていた。田上さんは言う。「過去をやり直すことはできない。立ち直るには、人生を捨てず、『今』を大事にすること。仲間と適切な治療を受けながら、生まれ変わる意識が必要だ」

 施設を立ち上げて3年がたった。「ヌジュミ」は沖縄の方言。「希望」を意味する。(笠井哲也、田中祐也、矢島大輔)

-------------------- <メディア報道> ---------------------
◇ギャンブル依存症 ある主婦の裁判から(Asahi.com 2010年5月26日より)


フッターイメージ